けんぞの投資関連ブログ

株を始めて3年半程のひよっこ投資家のブログです。

株を自動的に買っていた方法

株を自動的に買う方法はいろいろあると思いますが、
僕が挑戦して失敗した仕組みというかアルゴリズムを公開します・・(´;ω;`)ウッ…

原因はたくさんありますが、スピードが遅いし、条件がゆるかったです

適時開示が発表されてから、1秒ぐらいの売買(多分1秒以内だった)では、遅いほうです。
原因を取り除いてまた挑戦しようと思ってます。

とりあえず自動的に買うアルゴリズム

・自動買トリガーが適時開示の場合
①Mainスレッドで適時開示を監視
②Subスレッドで取引する証券会社にログイン 
③Mainスレッドにてトリガーとなる適時開示を検知(好決算や、優待発表などなど)
④Subスレッドにてセッションを維持するため何分おきにセッション維持イベント発火
⑤Subスレッドの自動買イベント発火し、取引画面に戻る

あとは③~⑤の繰り返しです。
もし、適時開示で買ったりするなら、
余計な機能は捨てて自動買いするためだけのシステムにしたほうがより早くなるのでいいです。

余計機能をそのうち取り除こうかと思います・・・

Pythonで楽天RSSの株価取得するその2

前回の続き Pythonで楽天RSSから株価を取得する - けんぞの投資関連ブログ

楽天RSSで株価を取得する前に、MarketSpeedとRSSを立ち上げる必要があるが、 当然これもプログラムで自動的に立ち上げることができる。

しかし、pythonで立ち上げる処理を作成して立ち上げにも成功しているはずだが、なぜか株価取得がうまくいかなかった。 正確には、銘柄一覧は取得することができたが、株価がなぜか取得することができなかった。

Python以外で起動プログラムを書いてみると、問題なくMarketSpeedとRSSは立ち上がり、Pythonで株価が取得できた。

Pythonですべて完結したい人はこれをどこか改良すれば、株価は取得できるかもしれない

import pyautogui

market_speed = None
market_speed_rss = None

# RSSを起動します
def start_rss():
    global market_speed, market_speed_rss
    market_speed_path = r"F:\Program Files\MarketSpeed\MarketSpeed\MarketSpeed.exe"
    market_speed_rss_path = r"F:\Program Files\MarketSpeed\MarketSpeed\RSS.exe"

    market_speed = subprocess.Popen(market_speed_path)
    time.sleep(10)
    pyautogui.keyDown("F3") # F3キーをショートカットキーに登録して、ログイン画面をポップアップさせる
    time.sleep(3)
    pyautogui.typewrite("********")  #パスワード ログインIDは記録させておくため入力しない
    time.sleep(1)
    pyautogui.keyDown("Enter")
    time.sleep(3)
    pyautogui.keyDown("Esc")
    time.sleep(3)
    market_speed_rss = subprocess.Popen(market_speed_rss_path)
    time.sleep(3)
    pyautogui.keyDown("Enter")


# RSSを停止します
def stop_rss():
    global market_speed, market_speed_rss
    market_speed.kill()
    market_speed_rss.kill()

なぜか、株価取得ができなかったため もともと、VBAで株価を取得する処理を作っていたため、VBAのマクロを呼ぶようにした。

# ExcelマクロをPythonから呼び出す
import xlwings
import app_config
conf = app_config.AppConfig()

# Excelマクロを実行します
def execute_excel_macro(macro_name):
    work_book = xlwings.Book(’excelのPath’)
    macro = work_book.macro(macro_name)
    macro()

VBAでMarketSpeedとRSSをたちあげる

'MarketSpeedProcessID
Dim objMS As Variant
Dim objRSS As Variant

'RSS起動
Public Sub startRSS()
    
    Dim WshShell As Variant
    Dim password As String
    
    Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
    WshShell.CurrentDirectory = "F:\Program Files\MarketSpeed\MarketSpeed"
    Set objMS = WshShell.Exec("F:\Program Files\MarketSpeed\MarketSpeed\MarketSpeed.exe")
    WshShell.AppActivate (objMS.processID)
    Call waitFor(15)
    WshShell.SendKeys ("{F3}")
    Call waitFor(5)
    WshShell.SendKeys ("*******")
    Call waitFor(5)
    WshShell.SendKeys ("{ENTER}")
    Call waitFor(5)
    WshShell.SendKeys ("{ESC}")
    Call waitFor(5)
    Set objRSS = WshShell.Exec("F:\Program Files\MarketSpeed\MarketSpeed\RSS.exe")
    Call waitFor(5)
End Sub

Public Sub stopRSS()
    Dim strRssProcName
    Dim strMSProcName
    Dim objProcList As Object
    Dim objProcess As Object
    
    strRssProcName = "RSS.exe"
    strMSProcName = "MarketSpeed.exe"
    
    Set objProcList = GetObject("winmgmts:").InstancesOf("win32_process")
    For Each objProcess In objProcList
        
        If objProcess.Name = strRssProcName Or objProcess.Name = strMSProcName Then
            objProcess.Terminate
        End If
    Next
    
    Set objMS = Nothing
    Set objRSS = Nothing
    
    Sleep 1
End Sub

Pythonで楽天RSSから株価を取得する

題目通りのPython楽天RSSから株価を取得する(Cold Linkで取得)だが、

PythonからDDEにアクセスする処理は以下のURLを参考すればよいです。

http://code.activestate.com/recipes/577654-dde-client/

 

楽天RSSから株価を取得するロジック

前提条件

MarketSpeedにログインしアプリを立ち上げ、RealtimeSpreadSheetも起動しておくこと

def get_price():
stock_list = get_stock_list()
price_list = []
for topic in stock_list:
dde = DDEClient("RSS", topic)
if topic in ("N225", "TOPX", "JSD", "MTHR", "TSI2"):
price = {
"symbol": dde.request("指標コード").decode('sjis'),
"symbol_name": dde.request("指標名称").decode('sjis'),
"get_date": dde.request("現在日付").decode('sjis'),
"open_price": dde.request("始値").decode('sjis'),
"high_price": dde.request("高値").decode('sjis'),
"low_price": dde.request("安値").decode('sjis'),
"close_price": dde.request("現在値").decode('sjis'),
"volume": "",
"trading_value": "",
}
else:
price = {
"symbol": dde.request("銘柄コード").decode('sjis').strip(),
"symbol_name": dde.request("銘柄名称").decode('sjis').strip(),
"get_date": dde.request("現在日付").decode('sjis').strip(),
"open_price": dde.request("始値").decode('sjis').strip(),
"high_price": dde.request("高値").decode('sjis').strip(),
"low_price": dde.request("安値").decode('sjis').strip(),
"close_price": dde.request("現在値").decode('sjis').strip(),
"volume": dde.request("出来高").decode('sjis').strip(),
"trading_value": dde.request("売買代金").decode('sjis').strip(),
}
print(price)
price_list.append(price)
dde.__del__()

return price_list


# 株価取得銘柄一覧を取得します
def get_stock_list():
dde = DDEClient("RSS", "StockFind")
raw = dde.request("NULL").decode('sjis')
dde.__del__()

stock_lines = re.sub("^\n", "", raw).splitlines()
stock_list = []

for stock_row in stock_lines:
stock_cols = stock_row.split("\t")
stock_code = stock_cols[0]
if not (len(stock_code) == 5 and stock_code[-1] != "5"):
stock_list.append(stock_cols[0] + ".T")

# 指数も追加
stock_list.append("N225")
stock_list.append("TOPX")
stock_list.append("JSD")
stock_list.append("MTHR")
stock_list.append("TSI2")

return stock_list

 

処理の構成としては、

・銘柄一覧を取得 dde.requestはbyteでreturnされるのでsjisにdecodeが必要

・dde.__del__() が重要で、都度DDEを破棄しておくこと。

dde = DDEClient("RSS", "StockFind")
raw = dde.request("NULL").decode('Shift-JIS')
dde.__del__()
# 指数も追加
stock_list.append("N225")
stock_list.append("TOPX")
stock_list.append("JSD")
stock_list.append("MTHR")
stock_list.append("TSI2")

 

・銘柄一覧(stock_list)をFor文でぐるぐるまわし、各銘柄ごとに株価を取得

銘柄と指数では取得するitem名が異なるので注意が必要

 

for topic in stock_list:
dde = DDEClient("RSS", topic)
if topic in ("N225", "TOPX", "JSD", "MTHR", "TSI2"):
price = {
"symbol": dde.request("指標コード").decode('sjis'),
    else:
price = {
"symbol": dde.request("銘柄コード").decode('sjis').strip(),

 

すべて株価取得成功できればよいが、何個か取得失敗する可能性があるので、取れていない株価は再取得するロジックも必要かと思う。が、ここでは記述しない。

 

続き

Pythonで楽天RSSの株価取得するその2 - けんぞの投資関連ブログ