けんぞの投資関連ブログ

株を始めて3年半程のひよっこ投資家のブログです。

適時開示決算関連 2018/10/22

適時開示の決算発表結果

指数始値高値安値終値前日差額前日比
日経平均株価 22,374.0 22,672.0 22,272.0 22,615.0 83.0 0.37%
東証2部指数 7,225.0 7,278.0 7,198.0 7,266.0 29.0 0.4%
TOPIX 1,681.0 1,700.0 1,674.0 1,695.0 2.0 0.15%
東証マザーズ指数 977.0 985.0 966.0 981.0 1.0 0.06%
ジャスダック指数 162.0 163.0 161.0 162.0 1.0 0.35%




発表時刻:2018/10/22 15:30:00
会社:3250 ADワークス
タイトル:2019年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181022420612.pdf
売上営業利益経常利益純利益売上進捗営業進捗経常進捗利益進捗
11,406
△6.4%
1,646
118.5%
1,479
140.1%
615
60.8%
47.53%None%147.9%93.18%

発表時刻:2018/10/22 13:30:00
会社:3157 ジューテックHD
タイトル:業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181022420417.pdf
変更理由:
 当第2四半期連結累計期間につきましては、売上高は概ね当初予想通りの推移となる見込みであります。
利益面は、売上総利益の改善に取り組んだ一方で、配送コストの上昇が予想より抑えられたこと、また、全社で経費削減に取り組んだことなどにより、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益のいずれも当初予想を上回る見込みであります。
 なお、通期の業績予想につきましては、現時点において変更はございませんが、今後の業績推移に応じて修正が必要であると判断した場合には、速やかに公表いたします。
(注)上記の予想数値は当社が現時点において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因により予想数値と異なる場合があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
△1.3%80.0%36.4%66.7%

発表時刻:2018/10/22 15:10:00
会社:7443 J-横浜魚類
タイトル:業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181001413218.pdf
変更理由:
 売上高は、鮮魚におけるアニサキス問題や量販店における店舗統廃合などにより、販売数量が減少したため、計画未達となる見込になりました。
 損益は、売上高減少による売上総利益の減少などにより、営業利益が減少したこと並びに投資有価証券の評価損6百万円を計上したことなどにより、計画未達となる見込になりました。
 なお、通期の業績予想につきましては、下半期は当社にとりまして繁忙期であり積極的な営業を行うことと物流費等の経費削減により予想数値の達成は可能と考えており、修正いたしません。
※業績予想につきましては、発表日現在入手可能な情報に基づき作成してものであり、実績の業績は今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
△4.7%None%△10.0%△87.5%

発表時刻:2018/10/22 15:30:00
会社:4320 CEHD
タイトル:業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181022420467.pdf
変更理由:
 当社グループの主力製品である電子カルテシステムにつきましては、昨年8月に販売を開始した新製品「MI・RA・Is/AZ(ミライズエーズィー)」の受注獲得に注力した結果、当初計画から受注高は増加したものの、売上計上時期が遅れたことにより、通期売上高は前回発表予想を下回る見込みであります。
 利益面におきましては、上記売上減に伴う利益の減少はあるものの、固定費を中心とした製造費用の削減や販売費及び一般管理費の減少などにより、営業利益及び経常利益は前回発表予想を上回る見込みであります。
親会社株主に帰属する当期純利益につきましても、特別損失を計上したものの、経常利益の増加などにより前回発表予想を上回る見通しとなったため、前回発表予想を修正するものであります。
特別損失の計上 2018年10月12日付「当社連結子会社(株式会社シーエスアイ)における債権の取立遅延のおそれに関するお知らせ」にて開示させていただいたとおり、株式会社シーエスアイにおける取引先に対する債権について、当該取引先による支払いが長期化する見込みとなったことから、その回収可能性等を考慮した結果、貸倒引当金の繰入49,700千円を特別損失として計上いたします。
売上増減営業増減経常増減利益増減
△5.8%31.5%31.1%52.6%

発表時刻:2018/10/22 15:30:00
会社:9353 桜島埠頭
タイトル:平成31年3月期 第2四半期(累計)期間業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181018419324.pdf
変更理由:
 当第2四半期連結累計期間におきましては、ばら貨物の取扱数量が好調に推移したことなどにより、売上高、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益は、前回発表を上回る見込みです。
 なお、通期の業績予想につきましては、上期に下期予定分の貨物を一部前倒しで取扱っている状況であること、及び、今年度計画した設備の大規模修理が業務の繁忙等の影響により予定通りに進んでいないことから、修理費の発生が下期に集中する状況となっていることを考慮し、現時点での変更はありません。
ただし、今後の業績動向を見ながら、修正の必要が生じる場合には、速やかに公表いたします。
(注)上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後の様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
12.8%―%―%―%


※投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行ってください。
↓↓押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ