けんぞの投資関連ブログ

株を始めて3年半程のひよっこ投資家のブログです。

適時開示決算関連 2018/10/16

適時開示の決算発表結果

指数始値高値安値終値前日差額前日比
日経平均株価 22,298.0 22,549.0 22,270.0 22,549.0 278.0 1.25%
東証2部指数 7,103.0 7,136.0 7,077.0 7,122.0 6.0 0.09%
TOPIX 1,675.0 1,688.0 1,672.0 1,688.0 12.0 0.74%
東証マザーズ指数 972.0 977.0 960.0 972.0 1.0 0.14%
ジャスダック指数 160.0 161.0 159.0 160.0 0.0 0.11%




発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:8968 R-福岡
タイトル:2018年8月期 決算短信(REIT)
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181015418051.pdf
売上営業利益経常利益純利益
9,178
12.0%
3,238
9.2%
2,861
9.0%
2,860
9.0%

発表時刻:2018/10/16 15:30:00
会社:3091 ブロンコB
タイトル:平成30年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181008415195.pdf
売上営業利益経常利益純利益売上進捗営業進捗経常進捗利益進捗
17,049
15.5%
2,103
14.8%
2,155
14.4%
1,431
13.5%
75.11%71.65%71.83%71.55%

発表時刻:2018/10/16 14:30:00
会社:7565 萬世電機
タイトル:業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181015417786.pdf
変更理由:
 当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高についてはほぼ計画どおり推移しました。
利益については売上総利益率が改善し、また販売費及び一般管理費が計画値以下に抑えられたことにより、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益が、いずれも前回公表値を上回る見込みとなりました。
 通期の業績予想につきましては、前回公表の数値を据え置き、修正が必要な場合には適時公表いたします。
※上記の業績予想は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提条件に基づいており、実際の業績は様々な要因により大きく異なる可能性があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
―%15.6%15.6%20.0%

発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:4386 J-SIG
タイトル:平成31年3月期第2四半期累計期間業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181014417442.pdf
変更理由:
当第2四半期累計期間の業績予想につきましては、売上高はシステム開発事業及びインフラ・セキュリティサービス事業ともに活況な市場動向を背景に、事業分野全般で取引が拡大し予想を上回る見込みであります。
利益面につきましては、増収に伴う増益分に加え、利益率の高い案件の獲得があったことや生産性の向上等により、予想を大きく上回る見込みであります。
なお、通期の業績予想につきましては、現時点において経済動向等に不確定な要素もあることから前回予想数値を据え置きますが、今後の業績推移により修正が必要となった場合には速やかに開示いたします。
(注)上記の予想は、本資料発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は様々な要因によって異なる可能性があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
2.1%65.1%47.1%67.3%

発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:9101 郵船
タイトル:定期コンテナ船事業運営会社Ocean Network Express Pte.Ltd. 第2四半期累計連結業績予想ならびに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418312.pdf



発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:9104 商船三井
タイトル:定期コンテナ船事業運営会社Ocean Network Express Pte.Ltd. 第2四半期累計連結業績予想ならびに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418207.pdf



発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:9104 商船三井
タイトル:2019年3月期第2四半期 業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418400.pdf
変更理由:
 営業利益段階では、為替相場が想定より円安で推移したことに加え、コンテナ船事業において統合に伴う移管費用が想定より縮小したこと等により損益が上振れる見込みである一方、持分法適用会社であるOcean Network Express Pte.Ltd. (以下、ONE社)において、想定を下回る積み取りとなったこと等による下振れが見込まれ、経常利益段階以下では損益悪化が予想されることから、前回発表値を修正致しました。
 なお、ONE社の業績予想修正については、本日発表の適時開示「定期コンテナ船事業運営会社Ocean Network Express Pte. Ltd. 第2四半期累計連結業績予想ならびに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。
 通期業績につきましては、現在精査中であり、第2四半期連結決算の発表時(2018年10月31日予定)に公表する予定です。
(注) 上記予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後の様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
5.8%55.5%△20.8%△31.2%

発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:9107 川崎船
タイトル:定期コンテナ船事業運営会社Ocean Network Express Pte.Ltd. 第2四半期累計連結業績予想ならびに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181015417988.pdf



発表時刻:2018/10/16 15:00:00
会社:9107 川崎船
タイトル:2019年3月期第2四半期連結累計期間業績予想ならびに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181015417564.pdf
変更理由:
 本日、当社、株式会社商船三井日本郵船株式会社により公表致しました、「定期コンテナ船事業運営会社Ocean Network Express Pte. Ltd. 第2四半期累計連結業績予想ならびに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ」による当社連結業績予想に与える影響、並びに燃料費上昇によるその他当社事業への影響、運航効率悪化などによる自動車船事業への影響により、2019年3月期第2四半期連結累計期間、及び通期連結業績予想を修正するものです。
売上増減営業増減経常増減利益増減
0.9%―%―%―%

発表時刻:2018/10/16 15:30:00
会社:3923 M-ラク
タイトル:平成31年3月期第2四半期累計期間及び通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418389.pdf
変更理由:
第2四半期累計期間については、クラウド事業、IT人材事業とも好調に推移したことから売上高が前回予想を上回る見通しとなりました。
利益面については売上高が増加したことに加え、広告宣伝費及び外注費の計上時期が下期に変更になったことから、前回予想を上回る見通しとなりました。
通期連結業績につきましては、足元の業績動向を踏まえ売上高が前回予想を上回る見通しとなりましたが、来期以降の持続的な高成長の実現を目指し、下期に販管費を増加させる予定のため各段階利益は前回予想を据え置きます。
売上増減営業増減経常増減利益増減
2.8%30.1%30.3%31.6%

発表時刻:2018/10/16 15:30:00
会社:3943 大石産
タイトル:業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418344.pdf
変更理由:
 売上高についてはほぼ堅調に推移しましたが、営業利益は原燃料の値上がり等による影響が大きく、前回発表予想を下回る見通しとなりました。
経常利益および親会社株主に帰属する四半期純利益につきましても、営業利益減少の影響を反映して減少したものであります。
 なお、通期連結業績予想につきましては、今後の業績動向を踏まえ、修正が必要と判断した場合は速やかに公表いたします。
(注)上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
△2.6%△24.0%△22.2%△29.5%

発表時刻:2018/10/16 16:00:00
会社:7419 ノジマ
タイトル:連結業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418467.pdf
変更理由:
当第2四半期連結累計期間につきましては、昨年グループ入りした子会社ニフティとのシナジー効果が出たことに加え、猛暑の影響でエアコンなどが好調に推移したため、デジタル家電専門店運営事業の収益が伸長いたしました。
また、子会社の不採算事業のリストラクチャリングも想定以上に進み、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する四半期純利益が、平成30年5月8日に公表いたしました業績予想を上回る見通しとなりましたので、上記の通り業績予想の修正をいたします。
なお、通期の業績予想につきましては、現在精査中であります。
※上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後のさまざまな要因によって予想数値と異なる場合があります。
 
売上増減営業増減経常増減利益増減
1.3%26.0%30.0%20.0%

発表時刻:2018/10/16 16:30:00
会社:6193 M-バーチャレクス
タイトル:業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418381.pdf
変更理由:
第2四半期累計期間の連結業績予想につきましては、売上高はアウトソーシング事業で順調に推移したこと、IT&コンサルティング事業では上期予定を上回る案件の獲得があったことにより、前回発表予想を上回る見通しとなりました。
利益面につきましても、売上増加に伴う利益増加により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益は、いずれも前回発表予想を上回る見込みです。
なお、通期の連結業績予想につきましては、平成30年5月11日に公表した数値に変更はありません。
今後の業績動向等により、業績予想の修正が必要になった場合には速やかに公表いたします。
(注)上記の予想数値は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は様々な要因によって異なる場合があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
6.3%―%―%―%

発表時刻:2018/10/16 17:00:00
会社:5939 J-大谷工業
タイトル:平成31年3月期第2四半期(累計)業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418337.pdf
変更理由:
 第2四半期累計期間における業績予想につきましては、セグメント別売上高として、建材部門は国内の都市整備、インフラについて取組が進んでおりますが、建築資材の供給遅延等があり大型ビル建設物件が先送り傾向であります。
また、電力通信部門の架線金物は電力業界の販売価格、物量ともに下落し、通信業界においても設備投資抑制が継続した状況下で減収となりました。
 利益面については、鋼材の値上りの価格転嫁が遅れており、さらに物量減少に伴う工場稼動の低下により、営業利益、経常利益及び四半期純利益は前回発表予想を下回る見通しとなりました。
 通期の業績予想につきましては、新規得意先の開拓による売上高増加、徹底したコスト削減を行うことで利益改善を見込んでおり、前回予想を据え置いておりますが、今後の経営環境及び受注状況等を注視し、業績予想の修正が必要となった場合は速やかに公表いたします。
(注)上記の業績予想は、本資料発表日現在において入手可能な情報に基づいて作成したものであり、実際の業績等は今後の様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
△3.8%△39.3%△37.9%△37.0%

発表時刻:2018/10/16 17:30:00
会社:3844 コムチュア
タイトル:業績予想の修正に関するお知らせ
リンク:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181016418530.pdf
変更理由:
 当社は予てより、企業のIT 投資の中でも成長領域であるクラウドビッグデータ・AIなどのデジタルトランスフォーメーション領域を中心に事業を拡大してまいりました。
 このような取り組みにおいて、連結業績の第2四半期累計期間の利益につきましては、当社の一丁目一番地の施策である高付加価値化、コンサルティング事業の拡大、積極的な資格取得による社員の戦力化、生産性向上、プロジェクト管理の精緻化等により、売上総利益が対前年同期比17.3%増(同298 百万円増)となる見込みです。
また、平成29 年10 月1日付で当社の連結対象から除外となりましたジェイモードエンタープライズ株式会社の販売管理費およびのれん償却額の消失等により、営業利益は対前年同期比55.0%増(同432 百万円増)の1,214 百万円を見込んでおります。
 なお、売上高につきましては、対前年同期比8.2%増(ジェイモードエンタープライズ株式会社の影響を除いた場合は、対前年同期比10.5%増)の8,484 百万円となる見込みです。
 これらを踏まえ、売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益について前回発表の業績予想の修正を行うものであり、これらの業績予想値はいずれも、当社の過去最高値となる見込みです。
 なお、平成31年3月期通期の連結業績につきまして業績予想については精査中であり、今後の業績動向を踏まえ、業績予想を見直す必要が生じた場合は速やかに開示いたします。
(注)上記の予想値は、現時点における入手可能な情報に基づいて算出しておりますが、実際の業績は今後の様々な要因により、予想数値とは異なる結果となる可能性があります。
売上増減営業増減経常増減利益増減
△0.4%40.4%41.0%24.9%


※投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行ってください。
↓↓押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ